まずはMessaging APIを開放したことがあるかご確認ください。プロバイダー及び各チャンネル権限をご確認ください

LINE APIメーカーサービスをご利用している場合、または公式サイトでLINEログインを設定したことがある場合、LINE CMS及びDevelopersのMessaging APIを必ず開放しているため、他の内部スタッフにすでにLINE Developersバックエンドのプロバイダー、チャンネルの最高権限(Admin)を取得したかをご確認ください。LINEプライバシーポリシーにより、異なるプロバイダーでのLINE UID(LINEにおける唯一のユーザー認識コード)は異なるため、すでにMessaging APIまたはLINEログイン機能を開放している場合、必ずクレッシェンド・ラボにその時使用したプロバイダーの権限を共有してください。

LINE CMSの応答モードの設定をご確認ください

MAACの各機能を正常に動作させるために、LINEからスムーズに情報を転送させることが必要です。そのため、LINEの応答モードの設定では、必ず「チャットロボット」に設定し、下部の「Webhook」をオンに設定する必要があります。今まで応答モードを「チャットモード」で設定していて、友だちがカスタマーサービスを必要としている場合、MAACを搭載する際に、MAACのチャット機能をご確認し、チャットポータルを設定後に、応答モードを「チャットロボット」に切り替えてください。



請GA設定権限をご確認し、勝手に削除しないでください

データ量/オプション機能の追加購入に適用

GAの「表示」権限を共有後、MAACはデータ収集や成果を果たすには権限が必要なため、MAACレポート内容に影響を与えないためにも、権限を勝手に削除しないでください。権限削除によってレポート内容に影響が出た場合、クレッシェンド・ラボはデータの回収をサポートしません。
この記事は役に立ちましたか?
キャンセル
ありがとうございます